出会い系アプリを利用するつもりなら、きっちり用心したうえでアプリ選びをすることをオススメします。というのも、出会い系アプリを装ったインチキな詐欺アプリも多く存在するからです。

このようなアプリでは、出会いの機会を提供するつもりははなからありませんので何も恩恵を受けられることはないでしょう。サクラばかり、なんてことも多いかと思います。

出会い系アプリを介した詐欺被害でよくみられるものはワンクリック詐欺やツークリック詐欺などと呼ばれるものでしょう。利用者には身に覚えのない請求をいきなり画面を通してされるというものです。

例えば、どのリンクをクリックしても別のアプリにジャンプして、そのジャンプ先で有料アプリに入会登録したことを告げられ、代金を請求されるというわけです。このような利用者を騙したうえでの請求というのは、法的にも無効なものとみなされますので無視して構いません。

出会い系アプリを介した詐欺被害で他にみられるケースは、その無料アプリに登録すると外部の有料アプリにも同時登録されるというものです。で、入会登録に際して料金が発生したので、とやはり身に覚えのない請求をされるというわけです。

きちんと説明して納得させることなく有料の外部アプリへ同時登録させているのなら当然、無効のものとして扱われます。

そして、出会い系アプリにかかわらず有料のものでも気をつけたいのが、『美人局』(つつもたせ)です。女性からのオイシイ話で人の目に付きにくい所に呼び出し、あとはバックにいる旦那やオトコによる恐喝が行われるというものです。

これはテレクラ時代、いやもっと昔からも見られた典型的な古い手口なうえに出会い系アプリ自体もいろいろと法律で監視されることになったため、被害に遭う可能性は減ったとはいえますがまったくなくなったとも言い切れません。

ヤリ目的でセフレを作ろう!

出会い系アプリは法律により整備されたおかげで、以前のような犯罪の温床となりうるべき性質は薄れてきています。

特に明確に18歳未満の未成年者の利用を制限したのは大きいことでしょう。現在では合法的に運営されている出会い系アプリならば、入会登録の際に必ず年齢確認のための書類の写しの提出が必要とされているはずです。

以前は援助交際を助長するようなものとして出会い系アプリが機能していた面がありますので、厳しく年齢確認されるのは致し方ないといったところでしょうか。

また、未成年者を使って出会い系アプリ介して売春させるなんてこともやりにくくなったわけですから、未成年者が犯罪に巻き込まれることも減らすことが出来るようになったともいえます。

法律が施行されるまであまりにも18歳未満の未成年者が出会い系アプリを利用したことで犯罪に発展するケースが多かったわけですから、法律的に未成年者が出会い系アプリを利用できないように明確化されたのは当然の措置であるというわけなのです。

法律が適用されて以降、合法的に運営されているものならば安全性も高まったと考えることも出来ます。

出会い系アプリの利用したヒトがたとえばつつもたせなどの恐喝とかその他犯罪に巻き込まれた場合や、出会い系アプリで知り合ったことをきっかけとしてそこから何かしら事件に発展したとか、事件にたとえ間接的に関わってくる場合でも出会い系アプリ自体も家宅捜索されることになりますので、いいかげんな運営は出来ないようになりました。

また、出会い系アプリを運営する場合には、必ず公安に届け出をする必要がありますので、出会い系アプリも法律で監視されているというわけです。

公安に届け出がしてあるかどうかといった点については、利用者にとってはその出会い系アプリが合法に運営されているものか、それとも違法に運営されているものなのか把握しやすくすることにもなったというわけなのです。